東京でおすすめのファッション専門学校「目白ファッション&アートカレッジ」の特徴や口コミ評判について調べまとめました
  • 将来につながるファッション専門学校の選び方
  • 専門学校の年間スケジュールをご紹介!
  • 東京のファッション専門学校ランキングを発表!

東京でおすすめのファッション専門学校
「目白ファッション&アートカレッジ」の口コミ評判

目白ファッション&アートカレッジ

目白ファッション&アートカレッジ
場所
1・2号館

東京都新宿区下落合3-17-42

3号館・事務局

東京都豊島区目白3-1-26

学科(修業年限/定員)
  • ファッションクリエイト科(2年)
  • ファッションビジネス科(2年)
  • ファッションアドバイザー科(1年)
  • ファッションアクセサリー科(2年)
  • ファッションビューティー科(1年)
  • アパレル産業科(1年)
  • ビジネス専攻科(1年)
  • 高度ファッションデザイン科(4年)
学費
  • 入学金:200,000円
  • 施設費:150,000円
  • 年間授業費:600,000円〜
950,000円〜
活躍する卒業生/主な就職先
活躍する卒業生

鈴木淳哉/デザイナー(Chloma)、長見佳祐/デザイナー(hatra)、古田 素子/デザイナー(TOGA)、武内 昭/デザイナー(THEATRE PRODUCTS) 他多数

主な就職先

小野原誠/デザイナー(motonari ono)、加美祥子/企画担当(株式会社バロックジャパンリミテッド )、伊東みずほ/販売員(ISSEI MIYAKE)、志村伊織/販売員(アメリカンラグシー ) 他多数

目白ファッション&アートカレッジのおすすめポイント

少人数制できめ細かい指導が評判の目白ファッション&アートカレッジは、1938年の創立から半世紀以上に渡って国内外のファッション業界に多くの人材を輩出しています。第一線で活躍する現役デザイナーやクリエイターが特別講師として招かれ、つねに最先端の現場を感じながら学ぶことができます。

2年制のファッションクリエイト科、ファッションビジネス科、ファッションアクセサリー科、1年制のファッションアドバイザー科、ファッションビューティー科、アパレル産業科、ビジネス専攻科など幅広い専門知識とスキルを学ぶことができる各科が用意され、CECIL McBEE.やUNITED ARROWS、ISSEI MIYAKEといった有名ブランドへの就職を果たした卒業生も数多くいます。

オープンキャンパスに参加したことがありますが、あらゆるコースがありすぎて目移りしている間に終わってしまいました。行動力と計画性がしっかりあるタイプには向いているかと思います。ボーッとしていると何もできないまま卒業を迎えそうです。

目白ファッション&アートカレッジの口コミ

  • 資格取得が強みに! 在学中にパターンメーキング技術検定2級を取得したことが自分の強みになりました。現在は憧れだったブランドのパタンナーとして働くことができています。基礎から応用まで様々な技術を2年間で学ぶことができるので初心者・経験者どちらにもお勧めな学校です。 (ファッションクリエイト科専攻・卒業生・男性・H)
  • 達成感が味わえます。 楽しかった授業は服飾造形理論です。基礎抜いや部分縫い、ミシンやアイロンの基本的な使い方を勉強して、スカートやジャケットを自分で制作します。最終的に習った技術を生かし自分だけのオリジナルの作品を完成させます。 (ファッションクリエイト科専攻・卒業生・女性・K)
  • 短いけど濃い1年。 私はとにかく販売に関する知識やスキルを短い期間で確実に習得したかったので、昼間部・1年制のファッションアドバイザー科を専攻しています。この学科の大きな特徴は入学してすぐに進路指導が始まるところ。あと課外授業も多いので楽しいです。 (ファッションアドバイザー科専攻・1年・女性・M)
  • 技術を極めることができる! MF&ACはファッション科と言っても学科が細かく分けれているので、将来したいことをより極めることができます。私は服より小物のデザインを中心に学びたかったのでファッションアクセサリー科を専攻。バッグ、靴などのパターンや図面作成を勉強しています。 (ファッションアクセサリー科専攻・2年・女性・F)
  • アットホームな雰囲気に魅力を感じました。 オープンキャンパスに行った時在学生の授業を実際に見学させてもらったんですが、少人数制クラスでアットホームな雰囲気に魅力を感じました。わからないことは生徒同士で話し合うだけでなく先生も交えて意見しあっていて、いい学校だなぁと感じました。 (ファッションクリエイト科希望・高3・女性・T)
  • デザイナー・パタンナーの就職率は低いのが現状・・・ もちろん服作りの基礎は学べますが、ファッションアドバイザーなどの販売や、プレス、バイヤー、ショップマネージャーに就職している人が多い。本気でデザイナーやパタンナーを目指している人はもっと経験を積める学校の方が良いかも。 (ファッションビジネス科専攻・卒業生・女性・S)
  • 就職は自力で頑張るしかない 設備は、ひとりひとりにミシンがあったのでその点はよかったです。パソコンも一人1台使えていたので、最低限便利だったと思います。ただ、就職は自力で探すしかないという感じで、あまりフォローはしてもらえませんでした。 (ファッションクリエイト科・卒業生・女性・K)

2018~2019年 オープンキャンパス情報

オープンキャンパス(Half-Dayコース)

2018/5/26、7/7、8/8、9/29、11/10、12/22、2019/3/30

時間:13:00〜15:30

オープンキャンパス(1日体験コース)

2018/6/16、7/30、8/16、8/26、10/27

時間:10:00~15:30

進みたいコースに分かれて詳しく説明を受けられます。AO入学の登録用紙も貰えるので、検討中の方は行ったほうがよさそう。

個別相談会

2018/5/12、6/23、9/15

2019/1/19、2/23、13:00~17:00(各回1時間)

学校案内から、個人的な将来の相談まで、いろいろとつっこんだ内容を教えてもらえる機会です。

私がおすすめする東京のファッション専門学校

おすすめ
文化服装学院 文化服装学院
バンタンデザイン研究所 バンタンデザイン研究所
エスモードジャポン エスモードジャポン

ページのトップへ