ファッション関係の仕事につける!ドレスメーカー学院の詳細と口コミ評判
【東京版】ファッション関係の仕事に就ける!おすすめのファッション専門学校比較ナビ
将来につながるファッション専門学校の選び方
専門学校時代の2年間を紹介!
東京のファッション専門学校ランキングを発表!

東京でおすすめのファッション専門学校
「ドレスメーカー学院」の口コミ評判

ドレスメーカー学院

ドレスメーカー学院
学科

■服飾造形科

■ファッションビジネス科

■アパレル技術科(3年制)

■高度アパレル専門科(4年制)

■アパレルデザイン科(1年制)

学費

入学金:140,000円

施設設備費:140,000円

実験実習費:75,000円

授業費:570,000円〜

同窓会費:5,000円

学友会費 :10,000円

オリエンテーション旅行費:49,000円


989,000円〜

活躍する卒業生/主な就職先
活躍する卒業生

WEBに記載なし

主な就職先

株式会社ID-JAPAN衣装工房、有限会社キャピタル、四季株式会社、株式会社おしゃれ工房、株式会社ワイテックス、株式会社ジャヴァコーポレーション 他多数

ドレスメーカー学院の総評

1926年に創立されたドレスメーカー学院の東京目黒キャンパスには、第一校舎〜第六校舎、衣装博物館、図書館、研究棟杉野記念館、体育館、ギャラリーU、SUGINO HALLなどが通称「ドレメ通り」の左右に立ち並び、長い歴史を持ち大学を併設しているドレメならではの環境を学生たちに提供します。在学中に大手アパレル企業との共同開発やファッションイベント、海外提携校との交流など、すでに社会や地域、海外を含む幅広い舞台での活動に参加できるのもドレメならではです。

2年制の服飾造形科、ファッションビジネス科、3年制のアパレル技術科、4年制の高度アパレル技術科に加えて、進学課程である1年制のアパレルデザイン科があり、各課程修了後に別の科への編入が可能です。

オープンキャンパスで訪れた目黒キャンパスの堂々たる雰囲気は圧倒的でした。これだけ環境がよく、しかも少人数制でしっかり学べるならすばらしい!と思いましたが、実際には先生の数が少なく、就職率もあまりよくないと聞いて迷った末にやめました。

服のプロフェッショナルに!

姉がここの卒業生だった事もあり、なじみがあって入学を決めました。服作りの基礎をきちんと学ぶ事が出来て、表現力や粘り強さも身につける事が出来ます。初心者からのスタートでも服のプロフェッショナルになれる学校です。

(アパレル技術科専攻・1年・女性・A)

進学希望も多いです。

私はここで1年間服飾を学んだんですが、就職活動をしていくにあたり、さらに高度な技術を学んで実力をつけるべき!と感じ、就職するのを辞めて杉野服飾大学に編入することにしました。卒業後の進路は就職する人だけでなく進学する人も多いです。

(アパレルデザイン科専攻・1年・女性・O)

学べる幅が広い!

服に関わる仕事に就くのは決まっていましたが、具体的な目標は決まっていない状態で入学しました。ドレスメーカー学院はクリエーションとビジネスの両方を学べる高度アパレル専門科があったので在学中学びながらやりたいことを見つけていけます。

(高度アパレル専門科専攻・4年・男性・K)

先生の質が良いです。

先生方が皆優しくて指導が丁寧です。資格取得に向けてもしっかりサポートしてくれます。現役の先生はいなかったと思いますが、有名企業に勤めていた経験がある先生もいたので、ためになる話を多く聞けて勉強になりました。

(ファッションビジネス学科企画専攻・卒業生・女性・F)

憧れのデザイナーさんに指導してもらえる!

ドレスメーカー学院に決めたのは、AULA AILAのデザイナー川島幸美さんに憧れていたからです。定期的に開催される「スペシャルゼミ」で、川島さんに直接指導を受けることが出来ます。色彩感覚もデザイン力も大変勉強になります!

(アパレル技術科専攻・2年・女性・T)

資格が生かせなかった・・・

ファッションデザイナーに有利な資格である、洋裁技術認定、カラーコーディネーター検定、繊維製品品質管理士など3つを取得しましたが、希望していた企業に入ることができませんでした。入学前は就職率100%と聞いてましたが実際は6割程度と厳しめです。

(ファッション技術学科・卒業生・女性・I )

詳細ページはこちら
公式サイトはこちら