ファッション専門学校と大学はどちらが就職に有利?それぞれのメリットデメリットを紹介
【東京版】ファッション関係の仕事に就ける!おすすめのファッション専門学校比較ナビ
将来につながるファッション専門学校の選び方
専門学校時代の2年間を紹介!
東京のファッション専門学校ランキングを発表!
  1. ファッション専門学校と大学はどちらが就職に有利?

専門学校がおすすめな理由

専門学校がおすすめな理由

ファッション関係の仕事の中でも、専門性の高い技術や知識が必ず現場で必要となる仕事をしたい場合は特に専門学校がおすすめです。

一流のファッション専門学校は、授業内容や教師の意識も、めまぐるしく移り変わる時代のニーズに合わせて変化しています。最新のファッション業界事情に即した内容の情報を得ながら実地に役立つ知識や技術を身につけられることが、専門学校へ通ういちばんの利点だと思います。その他にも同じ目標や夢を持った仲間たちと出会えることで横のつながりが出来ること、ファッション関係の仕事の現場を在学中に見たり体験したりするチャンスがあること、それによって卒業後の人脈作りやパイプが出来ることなども大きな利点です。

ただし、知識や技術を身につけることができ、専門性の高い事柄に関する情報収集がしやすいという環境にしても、将来の就職先につながるチャンスを得やすいという点にしても、その専門学校に通っている数年間をどれだけフル活用できるかにかかっています。一流大学を出て大手企業に就職するのとは違って、ファッション関係の専門学校に通うことで将来に役立つことは、そこで与えられるチャンスをどれだけ有効利用できるかにかかっています。

大学がおすすめな理由

大学がおすすめな理由

一方、大学は幅広い知識と教養を身につけるところです。専門性の高い技術を学び、ファッショに関する経験を積むことは難しい反面、入学時には思ってもみなかった新しい世界について知ることができ、将来の幅が大きく広がると言えるでしょう。

ファッション関係の仕事に就きたい場合は、服飾科がある大学や短大、芸大などに進むことを選択肢に入れてもいいかもしれません。卒業後に万が一服飾関係の仕事に就けなかった場合や、就いてみて違うと感じた場合に方向転換して一般企業に勤めるなど別の道を模索しやすいとも言えます。

また、ファッション関係の仕事に就くには専門性の高い技術や知識が必要である一方で、時代の先を読む力やセンスも必要になってきます。そのために大学で得た幅広い知識や語学、あるいはジャンルの違う分野に詳しい友人との交流が役立つ場合も往々にしてあるでしょう。また、ファッション関係でも販売員やバイヤーといった仕事に限って言うと、大学で美術史を学んだり、海外経験を積んだりするほうが将来的に役立つかもしれません。

まとめ:専門的な職業は専門学校が有利かも

専門学校に入るということは、良くも悪くもその時点で将来の方向性がぐっと狭まるということです。その分、同じ分野の仲間ができ、専門性の高い授業を受けたり情報を得られたり就職への糸口を手にしたりできる可能性が高まります。何かを選択するということは他の可能性を捨てることでもあります。高校を卒業する時点で、まだ幅広い可能性を残しておきたい場合は大学進学を考えたほうがいいかもしれません。

大学へ進学して専門学校の夜間コースに通うという手段もあります。また、決心がついた時点でシフトチェンジする方法もあるでしょう。高校生の間にたくさん考えて、出来るだけ情報を集めた上で、後悔のない選択をして欲しいと思います。