「販売員」になるための方法と気になるお給料を紹介
【東京版】ファッション関係の仕事に就ける!おすすめのファッション専門学校比較ナビ
将来につながるファッション専門学校の選び方
専門学校時代の2年間を紹介!
東京のファッション専門学校ランキングを発表!

アパレルの販売員になるには?

アパレルの販売員になるには?

アパレルの販売員と言っても、その仕事内容には幅があり、就業場所も様々です。百貨店や自社ビルなどで展開している有名ブランドショップから、個人経営のセレクトショップ、全世界にチェーン展開するファストファッションブランドなど、アパレルショップにもいろいろあります。また、そのブランドの製品が好きだから、販売の仕事が向いているから、ブランドの服を着て仕事が出来るから、など販売員になる理由も様々です。

就業形態にも、正社員、契約社員、アルバイトといろいろあります。最初から正社員として就職することを目指して入社試験を受ける人もいれば、派遣社員や契約社員として販売の仕事をいろいろな店舗で行いながら経験を積む人、あるいはアルバイトからスタートして能力や経験に応じて社員として中途採用される人もいます。また、とにかく販売という仕事がしたいという人もいれば、店長やエリアマネージャーを経てキャリアアップし、ひいては自分のお店を持ちたいと考えている人もいるでしょう。

販売員になりたいと思ったら、まずどういったお店で働きたいかを明確にした後、その会社が募集している販売員の就業形態を調べてみるといいでしょう。

大手ブランドを目指すなら資格が必要な場合も

大手ブランドを目指すなら資格が必要な場合も

基本的に販売員に資格が必要とされることはあまりありませんが、大手ブランドになると仕事内容によっては「ファッション販売能力検定」や「ファッション色彩能力検定」、「ファッションビジネス能力検定」などが必要とされる場合があります。また、資格が必要ない場合でも、しっかりした知識を持っていることが販売を行う上での自信につながることもあります。またこれとは別に接客の知識や技術、マナーなどを試される「販売士」の資格など、資格を持っていること自体よりも、資格を取得する課程で得た知識が役立つということも大いにあります。

大手アパレルブランドの販売員ともなると、その看板をしょって立ちながらお客様と接する最前線の仕事を行うわけですから、ブランドに関する知識はもちろん、縫製や素材に関する知識が求められることもあります。また、販売員のセンスとマナーがそのブランドの印象に大きく影響するため、意識を高く持っておくことも重要になるでしょう。

販売員の気になるお給料は?

販売員のお給料は、ファッション関連のほかの職種と比べるとあまり高いほうではありません。アルバイトの場合は首都圏でも時給900円前後、正社員の場合でも初任給は月給17万円〜20万円程度が一般的です。ただし、売上成績によってはインセンティブがつく場合もあり、実績を上げることが出来れば手取り金額が大きくなる可能性があります。

ボーナスやインセンティブを加味すると、販売員としての平均年収は一般的に300〜400万円と言われますが、店長やエリアマネージャーとなると年収500万円を超えることも夢ではありません。ただし、販売の仕事にこだわるならばこの辺りが上限と考えておいたほうがいいでしょう。どれほど優秀でも4桁になることはないようです。

そして押さえておかなければならないポイントとして、販売員は基本的にそのブランドの服を着なければなりません。社販で30〜50%程度の割引が受けられるとは言え、季節ごとに何点か新しい服を購入しなければならず、販売ノルマを達成できない場合には自ら購入してクリアしなければならないというケースもあります。販売を得意とし、そして販売が好きでないと経済的にも切迫してしまう職種だと言えるでしょう。