「デザイナー」になる方法と気になるお給料を紹介
【東京版】ファッション関係の仕事に就ける!おすすめのファッション専門学校比較ナビ
将来につながるファッション専門学校の選び方
専門学校時代の2年間を紹介!
東京のファッション専門学校ランキングを発表!
  1. 「デザイナー」になるための方法とお給料を紹介

ファッションデザイナーになるには?

ファッションデザイナーになるには?

ファッションデザイナーには、自分のブランドを持ち、顧客1人ひとりの注文に応じてオリジナル服のデザインを行う「オートクチュールデザイナー」と、アパレルメーカーや衣料メーカーに所属して、主に大量生産が可能な衣類のデザインを行う「企業内デザイナー」があります。

いずれも流行を生み出すクリエイティビティに溢れた華やかな職業である一方で、地道な市場調査による流行分析を行った上でデザイン画や製品企画の立案を何度も行うという根気のいる仕事でもあります。また、マーチャンダイザーやテキスタイルデザイナー、パタンナーといった各専門職のスタッフと相談をくり返しながら創り上げていくという、チームワークが必要な仕事です。

そういった仕事をするためには、高いデザイン力が必要なだけでなく、素材選びから始まる生産工程と、それにかかる時間や金額や労力などを含めた実現可能性への理解も求められます。そのため、専門性の高い知識と技術を身につけていなければならず、センスだけではできない仕事です。

ファッションデザイナーに役立つ資格とは?

ファッションデザイナーに役立つ資格とは?

特定の資格を持っていなければファッションデザイナーにはなれないといったことはありません。実際に第一線で活躍している有名ファッションデザイナーにも資格を持っていない方々はたくさんいます。しかし、実際の作業を行う上で、資格を取得するために得た知識が役立つといった場面は多くあるでしょう。そういった意味でファッションデザイナーの仕事をするために役立つ資格をいくつか紹介したいと思います。

まずは色彩に関する資格で、カラーコーディネーター検定試験ファッション色彩能力検定があります。デザインの際に色の組み合わせを選ぶ上で必要な色彩感覚を身につけるためには、とても役立つ試験です。

次に洋服製作に関する資格として、洋裁に関する知識と技術を問われる洋裁技術検定や、洋服のデザインから型紙を起こすための専門的な知識と技術を問われるパターンメーキング技術検定があります。いずれもデザインを行う上で必要な知識が多く盛り込まれています。

最後にマーケティングに関する資格として、ファッション販売能力検定ファッションビジネス能力検定などがあります。出来上がった服が流通販売される際に必要なマーケティングやマネジメントを含む幅広い知識が問われるものです。マーケティングを意識したデザインを行う上で、こういった知識も役立つでしょう。

ファッションデザイナーの気になるお給料は?

ファッションデザイナーになるためにアパレル関連企業に就職しても、いきなりデザインの仕事はできません。営業や企画の仕事から始めてデザイナーのアシスタントになったり、小規模なプライベートブランドのデザインをやらせてもらいながら、実力をつけていきます。最終的にオートクチュールデザイナーを目指す場合もあれば、企業内デザイナーとしてトップに立つことを目指す場合もあるでしょう。

いずれにしても、最初は未経験からのスタートです。デザイナーとしての求人は経験者の中途採用が多く、デザインの仕事ができるようになるのは30代後半から40代といった業界なので、まず20代の給料はアシスタントや販売・企画が主だと考えて月給20万円前後でしょう。これが30代、40代になってデザインの仕事ができるようになってくると月給40万円前後になることもあります。これは企業デザイナーの話です。

有名ブランドのオートクチュールデザイナーになると、収入は一気に跳ね上がります。ブランド企業のコレクションなどでの発表会の報酬は1回で数千万円とも言われ、これが年に2回あるだけで2,000万円です。また、こういった有名ブランドのデザイナーはデザインの他にも講演会を開いたり書籍を出版したり、衣類以外のデザインや企画に引っ張り出されたりして他の仕事の機会も増えるので、年収4桁をキープすることも夢ではありませんが、こういったトップデザイナーは世界でもほんのひと握りです。